ベビー用品は赤ちゃんに優しいアイテムを購入していこう!
ロゴ

ベビー用品は事前に準備しよう!あると便利なアイテムが勢揃い

通販でも簡単に購入することが可能

種類も数も多いベビー用品を準備するのは大変です。買物の負担を減らすためにも、値段やメーカーをチェックしてネット通販を上手に活用しましょう。早ければ2~3日で届きます。

出産前に準備しておきたいベビー用品とは

新生児用おむつを1パック

紙おむつを使うなら、新生児用を1パック用意しておけば十分です。赤ちゃんはすぐに大きくなりますし、肌に合わない場合もあるので買いだめは控えましょう。

おむつ替えに必須のおしりふき

おしりふきは顔や手をふくのにも使います。すぐに使い切ってしまうので、箱買いがおすすめです。肌に合うか心配な場合でも、最低3パックは用意しておきたいですね。

肌着とベビーウェアは多めに

裾の短い短肌着や股下にスナップのあるコンビ肌着、その上に着せるツーウェイオールなどは洗い替えも含めて4、5枚あると安心です。長く着られるのでサイズは60がおすすめです。

粉ミルクと哺乳瓶も忘れずに

母乳の量が少ない場合に備えて哺乳瓶を1本用意しましょう。粉ミルクは開封後1カ月以内に使い切る必要があるため、小さい缶か、スティックタイプが使いやすく便利です。

ベビー用品は赤ちゃんに優しいアイテムを購入していこう!

服

赤ちゃんの肌を考慮した入浴剤の特徴

赤ちゃんの肌は生後3~4カ月を過ぎると安定してきますが、その反面、皮脂の分泌量が激減します。こうした乾燥肌対策には、入浴剤入りのお風呂が効果的です。しっかりと保湿してあげることで、肌荒れも防ぐことができます。炭酸ガス入りや清涼系入浴剤は避け、刺激の少ない赤ちゃん用を選びましょう。
また、香料が強すぎるのも赤ちゃんにとっては刺激が強すぎる場合があります。無香料タイプか自然由来の優しい香りのものを選ぶとより安心です。

肌着の素材にこだわってあげよう

ベビー用品で他に知っておくといいのが、身につける洋服です。なかでも肌着は、直接肌に触れるものなので、肌触りが良く、やわらかい素材のものを選びましょう。夏場はしっかりと汗を吸い取ってくれるガーゼ素材や天竺、冬場は保温性のあるパイル地やスムース地がおすすめです。ベビー服定番のフライス素材なら伸縮性もあり、オールシーズン着られます。どれが良いかわからない場合は、新生児用の肌着セットが便利です。縫い目やタグが直接あたらないよう、縫製が外側にされているかどうもチェックしてくださいね。

広告募集中